長岡技術科学大学自然言語処理研究室と相互支援


長岡技術科学大学自然言語処理研究室(山本和英准教授)と相互支援を実施します。同研究室が開発した「自動要約機構の理論とシステム」を、弊社がカテゴリ分け(政治、経済、社会、文化)した新聞記事を使って試験し、商用利用に対しての評価を得ることを目的とします。

(左写真は、同大学パンフレットより)

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事